工場勤務者向けおすすめ転職サイトはこちら click

【実態公開】工場勤務が『地獄』と言われる7つの理由

当ページのリンクには広告が含まれています。

なぜ工場勤務は地獄と言われるのか?

長時間労働から逃れるにはどうしたらいい?

職場での人間関係のストレスを解消したい

こんな悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら、工場勤務の厳しい現実に直面し、それを克服した方法について詳しく解説しているからです。

この記事を読み終えることで、工場勤務の困難を乗り越え、キャリアアップや職場環境の改善に繋げる方法を学べます!

記事の前半では工場勤務の厳しい現実とは?7つの主な要因について解説し、記事の後半では工場勤務でスキルアップ!取得すべき資格8選について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

それでは本編です!

目次

工場勤務が地獄といわれる7つの要因

僕は20年工場で働いてたからこそ分かる、いくつかの厳しい現実を経験してきました。

工場で働くことの難しさを理解するために、以下の7つの要因を僕の経験談を元に具体的にご紹介します。

  • 長時間労働が常態化している
  • 単純な作業の繰り返し
  • コミュニケーションスキルが身につきにくい
  • 肉体的負担が大きい
  • スキルアップの機会が限られている
  • 人間関係のストレス
  • 将来性が不透明

これらの要因をひとつひとつ解説していきます。

長時間労働が常態化している

工場勤務の多くでは、長時間労働が常態化しています。

残業が多くなる傾向にあり、プライベートの時間が確保しにくいです。

実際に、次のような状況にある人が多くいます。

  • 残業が月に50時間を超える
  • 週末も休めない
  • 連続して勤務する日が多い

これらは長時間労働が問題となっている一例です。

もちろん、働く環境を改善する取り組みも重要になってきますが、なかなか改善されないのが現状です。

時間管理を上手に行い、自分自身で健康を守りましょう。

単純な作業の繰り返し

工場勤務では、同じ作業の繰り返しが多くなりがちです。

変化に乏しく、モチベーションの維持が難しいのです。

具体的には、以下のような状況が考えられます。

  • 同じ製品の組み立てを毎日行う
  • 生産ラインで同じ工程を担当する
  • チェック作業をずっと続ける

このような繰り返し作業が多いと、心身の疲れも出やすくなります。

発想力を高め、仕事に変化を持たせる工夫も大切ですね。

コミュニケーションスキルが身につきにくい

工場内では、コミュニケーションを取る機会が限られることもあります。

一人で作業を進める時間が長く、チームワークを築きにくい環境もあります。

例えば、以下のような状況が挙げられます。

  • 機械操作に集中していて話す時間が少ない
  • 騒音が多くてコミュニケーションを取りにくい環境
  • チームでの作業が少ない

このような状況では、コミュニケーションスキルが身につきにくくなります。

意識してコミュニケーションを取る機会を作ることが重要です。

肉体的負担が大きい

工場勤務では、重いものを運んだり、長時間立ちっぱなしで作業することが多いです。

全身の疲労はもちろんですが、手や手首の酷使で腱鞘炎になったりもします。そのため、休日には手を休める対策や、場合によっては部署の異動を上司に相談しましょう。

例として、次のような状況があります。

  • 重い物資の運搬を行う
  • 長時間同じ姿勢で作業する
  • 力を使う作業が多い
  • 手や手首を酷使する連続する作業

息を切らすほど身体への負担が大きいと、疲労が蓄積しやすくなります。

多めに睡眠時間を確保するなど、適切な休憩と体調管理が必要になってきますので、しっかり対策することが大切です。

スキルアップの機会が限られている

工場勤務では、新しい技術やスキルを学ぶ機会が限られている場合があります。

特に、作業者といわれる、もくもくと作業をこなすだけの仕事をしている場合、成長の機会が少なく感じることもあるでしょう。

具体的には、以下のような状況があります。

  • 同じ作業の繰り返しで新しいことを学べない
  • 研修や教育プログラムが少ない
  • 技術革新の波に乗り遅れる

スキルアップの機会が少ないと、将来への不安を感じることもあります。

自己啓発や外部の研修を活用することも一つの手です。

人間関係のストレス

工場勤務では、人間関係のストレスが大きな悩みの一つです。

上司や同僚とのコミュニケーションが上手くいかないこともあるでしょう。考え方や価値観が違うと、なんとなく働きづらいなと感じ、仕事に行きたくないと感じるようになります。

例えば、以下のような状況があります。

  • いつも機嫌が悪い人がいる
  • 上司とのコミュニケーションがうまくいかない
  • 同僚との人間関係がストレスになる
  • チームワークが取れていない

人間関係のストレスは、仕事の効率化やご自身のモチベーションにも影響します。

円滑なコミュニケーションを目指す努力が必要です。が、そうはいっても難しいのが現状です。

将来性が不透明

工場勤務者の中には、将来性に不安を感じている人も多いです。

どのようなキャリアを描けるのか、明確なビジョンが持てないことがあります。

具体的には、以下のような状況があります。

  • 毎日が憂鬱
  • 昇進やキャリアアップの道が見えにくい
  • 将来の仕事に関する不安を抱えてる
  • 転職を考えているが次のステップが不明

将来に対する不透明感は、モチベーションの低下につながります。

自分のキャリアについて考え、計画を立てることが大切です。

工場勤務は地獄?4つの心理的ストレス

工場勤務が地獄と言われることがありますが、その理由は主に4つの心理的ストレスにあります。

これらのストレスを理解することで、あなたがどのような状況にあるのか客観的に判断できるでしょう。

工場勤務の心理的ストレスは以下の通りです。

  • やりがいの不足
  • 仕事の単調さによるストレス
  • 上司や同僚との人間関係の問題
  • 未来に対する不安感

それぞれ詳しく解説していきます。

やりがいの不足

多くの工場勤務者は、仕事にやりがいを感じられずにいるため、ストレスが溜まりやすくなります。

仕事の成果が目に見えにくい、または繰り返しの作業で成長を感じられないことが原因です。

実際に、以下のような感情を抱えている人が多いです。

  • 同じ作業の繰り返しで退屈を感じている
  • 自分の仕事がどのように役立っているのかわからない
  • 成果が評価されにくく、モチベーションが上がらない

以上のように、やりがいの不足は工場勤務の大きなストレスの一つです。

このような状況では、小さな成果でも自分で認めてあげることが重要です。

小さな達成感を見つけることで、少しでも気持ちが軽くなるかもしれません。

仕事の単調さによるストレス

工場での作業は繰り返しが多く、その単調さがストレスの原因になっています。

同じ動作やプロセスの繰り返しで、創造性や変化が乏しいために、心が疲れやすいのです。

例えば、以下のような状況にある人は、ストレスを感じやすいです。

  • 機械的な作業を長時間続けている
  • 日々の仕事に変化がなく、新鮮味がない
  • 創造性を求めるタイプの人がルーティンワークをしている

このような単調な仕事は、心の活力を奪うことがあります。

仕事外で趣味や創造的な活動を持つことで、バランスを取ることが大切です。

上司や同僚との人間関係の問題

工場勤務では、上司や同僚との人間関係がストレスの一因となることがあります。

コミュニケーションが不足していたり、職場の雰囲気が悪かったりすると、仕事のモチベーションが下がります。

具体的には、以下のような問題があります。

  • 上司や同僚との意思疎通がうまくいかない
  • チームワークが機能しておらず、孤立感を感じる
  • 職場のいじめや派閥争いが存在する

これらの問題は、仕事の効率だけでなく、精神的な健康にも影響を及ぼします。

良好な人間関係を築くためには、積極的なコミュニケーションと相互理解が必要です。

未来に対する不安感

工場勤務者の中には、将来に対する不安を感じている人も少なくありません。

職場環境の変化や将来のキャリアに対する不確実性が、心理的なストレスとなるのです。

具体的には、以下のような不安があります。

  • 職場の将来性が不透明である
  • 仕事を失うリスクが常に頭をよぎる
  • キャリアチェンジの機会や可能性が限られている

これらの不安を解消するためには、キャリアプランを立て、自己啓発に努めることが重要です。

将来に対する不安を感じることは自然なことですが、前向きな行動をとることで、その不安を軽減できるかもしれません。

工場勤務でスキルアップ!取得すべき資格8選

工場勤務をしているあなたにおすすめの資格があります。これからご紹介する資格を取得することで、スキルアップが期待できるでしょう。

取得を検討すべき資格は以下の5つです。

  • 危険物取扱者資格
  • フォークリフト運転技能者
  • 第二種電気工事士
  • 衛生管理者
  • 機械保全技能士
  • エネルギー管理士
  • ボイラー技士
  • 高圧ガス製造保安責任者

それぞれの資格について詳しく解説していきます。

危険物取扱者資格

危険物取扱者は、消防法で定められている、燃えやすい危険物を業務で取り扱える国家資格です。

甲種、乙種、丙種の3つの区分があり、甲種が最難関。手当の相場は3000円から1万円程度です。

甲種は業務の幅が広がり、資格手当も高額になることから、将来性があります。ただし、市況によっては厳しい場合もあるため、石油業界への勤務を考えている方は慎重に判断してください。

乙種と丙種は、受験資格が特になく、誰でも受験可能。初めて危険物取扱者を目指すなら、仕事の需要が高い乙種第4類(乙4)がおすすめです。

また、危険物取扱者の資格は就職、転職に役立ち、安全対策としても重要です。

フォークリフト運転技能者

フォークリフト運転技能者の資格は、物流業界や工場、倉庫などで大量の荷物を運搬する際に必要です。この資格を持つことで、以下のメリットがあります。

  • 物流業界での需要が高く、フォークリフト運転技能者は採用されやすい傾向
  • 資格手当や時給アップする企業もあり、収入が向上するチャンスがある
  • 力仕事が少なく、年齢に制限がないため、長期的なキャリアを築ける

将来性も高く、幅広い業種での就職、転職に役立つ資格です。

第二種電気工事士

第二種電気工事士は、住宅や店舗・ビル、工場などの新築時や改修工事の際に、電気設備配線図の通りに屋内配線を行い、照明器具の設置やコンセントの取付工事を実際に行うのが主な仕事です。

また、第二種電気工事士は、一般住宅や商店などの600ボルト以下で受電する施設の電気工事を行うことができる国家資格です。

電気に関する専門知識は、どの工場でも求められるスキルですキャリアアップにもつながる資格なので、興味があれば取得を目指しましょう。

衛生管理者

衛生管理者は、労働者の健康を守り、安全な職場環境を確保するための国家資格です。

事業場において、常時50人以上の従業員がいる場合、衛生管理者を選任することが、労働安全衛生法により、義務付けられています。衛生管理者には、第一種と第二種があり、第一種はすべての業種で、第二種は有害業務が少ない業種でのみ選任できます。

資格取得には、試験に合格する必要があり、そのためには一定の学歴と労働衛生に関する実務経験が求められます。

就職、転職にアピールできるのと、企業によっては、衛生管理者に手当を支給する場合もあるので、興味がありましたら資格取得してみましょう。

機械保全技能士

機械保全技能士は、工場などで使用される機械のメンテナンスや、修理を行う専門家を認定する国家資格です。

この資格は、機械系保全作業、電気系保全作業、設備診断作業の3つの職種に分かれています。また、特級、1級、2級、3級の4つの等級があります。

受験資格は、実務経験年数に基づいており、特級を除く各級で選択作業別に試験が実施されます。試験は学科と実技の両方があり、両方に合格することで資格が授与されます。

機械保全技能士は、製造現場において重要な役割を担い、設備の正常な稼働を保つために不可欠な存在です。

エネルギー管理士

エネルギー管理士は、省エネ法に基づき、エネルギー指定管理工場において燃料や電気などの効率的な使用を監督・指導する国家資格です。主に工場やビルのエネルギー使用の合理化に関する業務を担当します。

資格取得には主に2つの方法があります。

  1. エネルギー管理士試験を受けて合格する
    毎年8月の第1日曜日に、全国各地で実施されるエネルギー管理士試験を受けて、合格すれば資格を取得できます
    試験は、マークシート方式で4つの科目に分かれており、各科目で60%以上の正答率があれば合格です
    合格した科目は、2年間試験免除となる科目合格制度が導入されています
  2. エネルギー管理研修を受けて試験に合格する
    エネルギー管理研修は、エネルギー管理に関する実務経験を3年以上持つ人を対象にした認定制度です
    講義と終了試験によって取得します
    研修後の修了試験に合格すれば、エネルギー管理士の資格を取得できます

ボイラー技士

ボイラー技士は、ボイラーの操作、点検、修繕などを業務とし、ビルやホテル、工場、病院などの様々な場所で資格を活かして活動できる国家資格です。特級、1級、2級の免許があり、それぞれのボイラーの規模により必要な免許が異なります。

ボイラー技士資格取得のメリットは、転職に有利、職業選択の幅が広がる、資格手当がつく、定年後の再就職に役立つです。

ボイラーの資格には、以下の3つの種類があります。

  1. ボイラー技師免許
    ボイラー(簡易ボイラー、小型ボイラー及び小規模ボイラーを除く)の、取扱い業務に就業するには必要です
    特級、1級、2級の免許があり、ボイラーの規模により必要な免許が異なります
    資格は無期限有効です
  2. ボイラー溶接士免許
    ボイラー(小型ボイラーを除く)または、第一種圧力容器の溶接業務を行う際に必要です
    特別ボイラー溶接士と普通ボイラー溶接士の2つの免許があります
  3. ボイラー整備士免許
    一定の大きさを超えるボイラーまたは、第一種圧力容器の整備を行うのに必要です

これらの資格は、厚生労働省が指定した試験期間で試験を受け、合格した者に都道府県労働局長が免許を与えます。

楽天ブックス
¥1,760 (2024/03/28 19:57時点 | 楽天市場調べ)

高圧ガス製造保安責任者

高圧ガス製造保安責任者試験は、高圧ガス保安法によって定められている国家資格の一つです。以下に資格の種類と試験の難易度をまとめています。

  1. 甲種化学責任者
    ・石油化学コンビナートなどの、高圧ガス製造事業所で保安業務を行う資格で、化学及び機械に関連する問題が出題されます
  2. 乙種化学責任者
    ・同様に、高圧ガス製造事業所で保安業務を行う人が取得する資格で、高圧ガスの種類に制限はないが、施設の規模により選任される場合がある
  3. 丙種化学(液化石油ガス)責任者
    LPガス充填事業所やLPガススタンドなどで保安業務を行う人が取得する資格です
    LPガスの種類に制限はありません

これらの資格を取得することで、高圧ガスを扱う事業所で保安業務を行えるようになります。

工場勤務の未来は?AIとロボットの影響

工場勤務の未来を考える上で、AIとロボットの影響を無視することはできません。

AIとロボットによる影響は以下の通りです。

工場での単純作業は、AIやロボットによって自動化される傾向にあります。これにより、従来の作業環境は大きく変わります。

人の手が不要になる作業が増えることで、職場内での人間の役割は変化します。

実際に、以下のような変化が見込まれます。

  • 機械操作に関する知識が必要な作業者の増加
  • ロボットのメンテナンスや管理をする技術者の需要の高まり
  • 自動化に伴う職場の安全基準の変更

これらは自動化によって引き起こされる一例ですが、工場勤務者にとっては大きな変化です。

新しい技術を学ぶ意欲が大切になってくるでしょう。

工場勤務から転職を成功させる4つのステップ

工場勤務からの転職に成功するためには、4つの重要なステップがあります。

これらのステップを理解し、実行することで、あなたの転職活動はより効果的になるでしょう。

工場勤務から転職を成功させるための4つのステップは以下の通りです。

  • 自己分析を徹底する
  • 転職市場のリサーチを行う
  • スキルアップや資格取得に努める
  • 面接対策を万全にする

それぞれ詳しく解説していきます。

自己分析を徹底する

自己分析を行うことは転職成功の鍵です。

自分の強みや弱み、価値観を理解することで、適切な職種や企業を見つけやすくなります。

実際に、自己分析をしっかりと行った人は以下のような特徴があります。

  • 自分のキャリアに何を求めているかが明確
  • 過去の業務経験から得たスキルを理解している
  • 職業選択の基準がはっきりしている

自己分析による自己理解の深化は、転職成功への重要なステップです。

時間がかかる場合もあるので、焦らずじっくりと取り組みましょう。

転職市場のリサーチを行う

転職市場を理解することも重要です。

需要のある職種や業界、求められるスキルを知ることで、効果的な転職活動ができます。

リサーチを行うことで把握できるポイントは以下の通りです。

  • 現在需要の高い職種や業界
  • 業界ごとの平均年収や労働条件
  • 転職市場のトレンドや将来性

これらの情報を元に転職活動を行うことで、より効果的な戦略を立てられるでしょう。

事前に、インターネットや転職セミナーなどを利用して行いましょう。

スキルアップや資格取得に努める

スキルアップや資格取得は転職成功のために不可欠です。

特に工場勤務からの転職を考えている場合、新しい業界で求められるスキルを身につけることが重要です。

スキルアップや資格取得を目指すべきポイントは以下の通りです。

  • 転職先で求められる専門的な知識やスキル
  • 業界認定の資格や認証
  • コミュニケーションやマネジメントなどのソフトスキル

これらのスキルを身につけることで、転職市場での競争力が高まります。

資格取得のための学習計画を立て、地道に努力を続けましょう。

面接対策を万全にする

面接は転職活動において最も重要なステップの一つです。

面接官に自分の魅力を伝え、企業にマッチすることをアピールする必要があります。

面接対策を行うことで得られる効果は以下の通りです。

  • 自己PRや志望動機の伝え方が洗練される
  • 企業研究や業界知識が深まる
  • ストレス対処法や対人スキルが向上する

事前によく練習し、自信を持って面接に臨みましょう。

また、面接官からの質問に対しても誠実に答えることが大切です。

以上、工場勤務からの転職を成功させるためには、これらのステップをしっかり踏むことが大切です。

地道な努力が将来のキャリアを大きく左右することを忘れずに頑張りましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

高卒入社した食品工場を2年で退職✖そのあとも別の工場で働き続けるも労働環境の過酷さに軽度のうつになり退職✖工場勤務歴20年の実体験を発信。
保有資格:FP・登録販売者

目次