工場勤務者向けおすすめ転職サイトはこちら click

【脱却】工場勤務がつらいと感じる3つの原因と対処法!やめないほうがいい人の特徴も紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

工場勤務ってなんでこんなにつらいの…」

転職は考えてないけど、このままでいいのだろうか

将来的に転職したい

など、働いているとこのような不安がでてきますよね。

とはいえ、転職することはかなりの労力を使うし、今のまま働き続けるのもストレスでしかない、という場合もあるのではないでしょうか。

僕なりの経験を元に、工場勤務の良いところ、悪いところを紹介していきたいと思います。

この記事を参考に、工場勤務についてプラスに役立てて貰えればうれしいです。

目次

「工場勤務がつらい」のは本当?

工場勤務がつらいという意見は多くありますが、実際工場で働いてみないとつらさが分からないのも確かです。

僕は約20年、工場での勤務経験があるので、仕事をしていてつらかったり「工場やめとけ!」と感じる瞬間が何度もありました。

もちろん、工場勤務も捨てたもんじゃない、と感じる瞬間もあるので、やめないほうがいい人の特徴も合わせて紹介していきたいと思います。

「工場勤務がつらい」と感じる3つの原因

なぜ「工場勤務がつらい」と言われるのかについて解説していきます。そう言われてしまう理由は以下の3つです。

  1. 他の職種に転職しにくい
  2. 将来性がないと感じる
  3. 職場によって働く環境が悪い

順番に解説します。

1.他の職種に転職しにくい

工場でしか働いた経験がないと、次の転職先も工場になってしまう傾向にあります。

工場で覚えたスキルは、他の業種へ転職の時に役に立たないことが多いため、転職の面接で不利になりやすいです。

例えば、玉掛け、小型移動式クレーンの資格を持っていても、工場や運送・建築関係以外に転職したら、ほぼ使うことはありません。

逆に、経験上、フォークリフト免許は持ってると幅広く活かせるので、取得しておいたほうがいいです。

ただ、これらの資格は講習を受講するだけで取得できてしまい、誰でもできることがほとんどなので、転職する際は苦戦を強いられるかもしれません。

求人の詳細に、経験者優遇や必須資格が載ってるので事前に確認するようにしましょう。

2.将来性がないと感じる

僕自身も工場勤務歴が長く特に感じていたのが、単純作業の繰り返しでやりがいがなく将来が不安になることです。

工場勤務をしていると「いつまでこの単純作業が続くんだろう…もう限界」と、思うことが何回もあります。

高卒、大卒、中小企業、大企業によって待遇の違いはありますが、高卒で入社した場合、配置される職場は力仕事や単純作業が要求される作業者として働くことがほとんどではないでしょうか。

雇用契約によっては給料がアップしないのも、将来性がないと感じる要因になります。

3.職場によって働く環境が悪い

一概に言えませんが、工場勤務は職場環境が悪いという声が多く聞かれます。

具体的には、以下のような条件下で作業している人が多くいます。

  • 大ケガや命の危険がある
  • 熱中症になるほど暑い
  • 凍えるほど寒い
  • 騒音が大きい

また、作業中に化学物質や粉塵など、有害な物質にさらされることで、呼吸器疾患につながる恐れもあり、職場環境の悪さがストレスとなって、働きづらいと感じることもあります。

このような環境での作業は身体への負担が大きく、体調を崩したり、精神的な苦痛を受けたりして、せっかく就職して働き始めたばかりなのに、すぐ辞めてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

とはいえ、実際配属されて働いてみないと職場環境がどういうところなのかわからないのも現実です。

工場勤務がつらい・やめたいと感じるときの対処法3選

「工場勤務がつらい・やめたい」と感じたら視野を広げて考えることも必要です。

このまま同じ会社で働いてても、メリットも薄く、つらいままの状態であれば以下の対処法を3つ紹介します。

  1. つらくない環境の工場に転職する
  2. 働く業界を変えてみる
  3. スキルを身につけて在宅フリーランスになる

簡潔にまとめたので紹介します。

1.つらくない環境の工場に転職する

「つらくない環境の工場」とは、従業員にとって快適で健康的な職場環境を指します。

適切な温度、照明、清潔さが保たれていて、労働時間と休憩時間が確保されており、従業員の過労に配慮されているような職場です。

従業員が意見や提案を出しやすい環境、交代制勤務がなく、危険な作業を伴わない、残業が少なめで、ワークライフバランスがしっかりされているなどの条件で転職活動すると、いい結果につながるので参考にしてください。

「工場」って聞くと、力作業がメインのイメージがあると思いますが、自動化された作業工程で作業者の負担を軽減している工場もあります。

このような職場を探すため、以下のサービスを活用しましょう。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク

理想の環境を見つけるためには、とにかく多くの求人に触れることが重要です。

2.働く業種を変えてみる

工場勤務から別の業種へ転職は勇気がいるが、挑戦してみると新しい自分を発見できる可能性があります。

例えばですが「接客業なんて自分には無理…」と思っていても、いざ働くとお客様に頼られて感謝されるのがモチベーションにつながる、といったケースもあります。

固定概念だけで決めつけず、実際経験してやりがいを感じることもあるので、視野を広げることも大切でしょう。

ただ、もちろん合う合わないがあるので、自分はどんな仕事がやりたくて、長く働けることができるか、よく考える必要があります。

まずは興味がある業種をアルバイトで経験するのも良いと思います。

ある程度働きたい業種が決まったら、会社の口コミを徹底的に調べて、働いていけるかイメージするようにしましょう。

3.スキルを身につけて在宅フリーランスになる

個人のスキルを活かして、在宅フリーランスになるのも選択肢としてはありです。

しかし、これまで工場勤務として働いてきて、始めからフリーランスはリスクが高いのと先行きが不透明感は拭えません。

失敗する可能性も高いので、まずは副業で挑戦して、稼げるようになったら独立も視野に入れる、こんな感じの流れがいいと思います。

フリーランスの例はこんな感じです。

  • ライティング
  • 動画編集
  • プログラミング
  • デザイン
  • マーケティング
  • 翻訳

などの分野があり、自分が何に興味を持ち、何が得意かを見極めましょう。

選んだスキルに関する知識と経験を積むことが必要になってきますが、場合によってはオンライン学習で学んだ方が効率的です。

つらい工場勤務をやめないほうがいい人の特徴5選

工場で働いていて、別の業界に転職したけど、合わなくてまた工場勤務を始めたという方も中にはいるでしょう。

ここでは、つらいけど工場勤務をやめないほうがいい人の特徴を5選紹介していきます。

  1. これまでの経験を活かしたい
  2. とにかく身体を動かして作業したい
  3. 安定した収入がほしい
  4. 働きがいや達成感がある
  5. 休みを多く取りたい

それぞれ具体的に掘り下げて解説していきます。

1.これまでの経験を活かしたい

工場での作業には、特定の機械や操作能力が必要ですが、このような技術的なスキルや知識を持つ人は、工場経験を活かせます。

工場や物流などで活躍するフォークリフトの運転は危険を伴いますが、1つ1つ確実に仕事をこなしていくのが苦ではないという人には工場勤務は適していると言えます。

ほかにも、工場の仕事は単純作業がほとんどで、作業者はPCスキルがほぼいらないことが多く、頭を使わないで作業をしたいという人にも向いている職種です。

2.とにかく身体を動かして作業したい

じっとして作業をする、デスクワークが苦手な人には工場勤務はおすすめです。

工場勤務は肉体的な仕事として知られていますが、長時間立ち仕事や重い物を持つことが多い職場を逆に好む人が少なからずいるのも現実です。

接客業や営業、堅苦しい会議ではなく、開放的で自由度の高い仕事がしたいと考えてる人にとっては居心地のよい職場になります。

3.安定した収入がほしい

工場勤務の給料は平均年収では低いとされていますが、他の業種では同等またはそれ以上の収入が見込めない場合があります。

転職することで年収が下がってしまっては、仕事に対するモチベーションを維持できなくなるので、給料面は必ず確認しておきましょう。

「つらいけど残業してでも月の給料20万円はほしい」という方は工場勤務が適しているかもしれません。

4.働きがいや達成感がある

今の職場での成果やコミュニケーション、達成感が大きく、それがストレスや困難を上回る場合は工場勤務は続けたほうがいいです。

もちろん、一時的な不満や、やめたいという衝動があるかもしれませんが、辞めるリスクや転職するリスクを冷静に考えてからでも遅くはありません。

5.休みを多く取りたい

工場勤務は経験上、年間休日が多い企業がほとんどです。

土日休めて、GW休み、お盆休み、お正月休みが長いなど長期連休もしっかり確保されています。

働く人数が多い工場だと、比較的有給が取りやすく、リフレッシュ休暇などの福利厚生が整っていて、長期連休は実家に帰省しのんびりしたいと考えてる人にとっては、良い点ではないでしょうか。

つらい工場勤務から抜け出すために今すぐやるべき2つのこと

働きながら隙間時間で、スキルアップや資格の取得を効率良く行いましょう。

転職を成功させるには、自己の能力を向上させることも忘れずに。

自分自身の能力の向上により、新たな価値観による視野の広がりや、自分に自信が持てることで、精神的な成長ができます。

まずは身近なことから挑戦していきましょう。

  1. PCスキルを身につける
  2. 転職を成功させる為に資格勉強をする

上記の2つを解説していきます。

1.PCスキルを身につける

経験上、工場勤務を続けていると、パソコンスキルが全くと言っていいほど身に付きません。

なぜかと言うと、パソコンに触れる機会も少なく、工場の仕事内容はものづくりに特化しているからです。

では、どうすればいいか、自宅で取得できるスキルを紹介します。まずは一般的に多く使われているExcel、Wordを勉強して仕事の幅を増やしましょう。

これだけでも仕事の幅は広がり、苦手を克服することで、アピールにもつながります。

2.転職を成功させる為に資格勉強をする

僕の経験談になるのですが、工場勤務から他の業種へ転職するには、資格が必要な場合があります。

履歴書の所持資格が空白だと書類選考で落とされたり、うまく自分をアピールできなかったり、面接では苦戦を強いられるかもしれません。

そのため、面接を有利に進めるには、転職したい業種の資格を取得しておく必要があります。

難しい資格に挑戦して、アピールの材料にするなど、努力が必要です。

工場勤務はつらいが転職で解決する例もある

これまでの話で工場勤務は、つらいと感じる要因は配属された職場によることが多く、単純作業の繰返しで将来がぼんやりしてしまうなど、職場環境が劣悪で耐えるのが困難な状況の中、作業しないといけないといったことがあげられます。

そのような工場でも、職場環境が良好な工場もあるので、工場で継続して働きたいと考えてる人は口コミや評判で情報収集し転職先の候補を探すのもありではないでしょうか。

年齢を重ねると、転職もなかなかうまくいかなくなってくるので、早い段階でスキルや資格を取得し、転職を有利に進めることがとても大切です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

高卒入社した食品工場を2年で退職✖そのあとも別の工場で働き続けるも労働環境の過酷さに軽度のうつになり退職✖工場勤務歴20年の実体験を発信。
保有資格:FP・登録販売者

目次